継続的な治療が重要

注射

治療後数日は刺激に注意

誰でも手軽に行える小顔矯正治療としてボトックス注射が人気となっていますが、適切な利用をしないと十分な効果は出にくいと言われています。ボトックス注射を受ける際に注意することとして、十分な仕上がりになるまで継続的に治療を行うことが挙げられます。一般的に、ボトックス注射による治療は計画的に行われるようになっており、徐々に小顔になるように治療が進められます。そのため、小顔矯正を成功させるためには継続的に病院へ通い、満足のいく仕上がりになるまで継続することが重要であると言えます。また、治療を受けた後はマッサージなどの強い刺激を避けることにも注意する必要があります。注入された薬液はすぐには吸収されず、少しずつ組織の奥へと浸透するようになっています。治療した部位を強く揉んだりすると吸収されていないボトックスが広範囲へ広がってしまうことがあるため、治療効果が大きく下がってしまう恐れがあります。ボトックス注射をしてから数日は刺激を避ける必要があるため、およそ一週間程度はマッサージなどをしないようにするのが良いでしょう。ボトックスによる小顔矯正は美容整形外科で受けることができ、一回の受診に掛かる時間がとても少ないため簡単であると評判です。ボトックス治療の最大の特徴は従来の美容整形と違って、メスなどを使用しないことが挙げられます。顔を傷付ける心配なく小顔矯正ができるためプチ整形という名前で親しまれており、美容整形が初めてという方にもオススメとなっています。ボトックス治療を行う場合、最初に医師と相談しながら使用するボトックスを決定するようになっています。これはボトックス液を製造している製薬会社が多く存在しており、得られる効果もそれぞれ異なっているためです。初めて治療を受ける場合は得られる効果が強力な物よりも、低刺激でより安全な物を選ぶのがオススメです。副作用が発生する可能性は限りなく低くなっていますが、いきなり作用の強い物を使用すると効果が出過ぎてしまったり、肌トラブルが起こってしまったりすることがあります。そのため、初めて治療を行う場合は効果が穏やかで、刺激の少ない薬液を使用するのが良いでしょう。